病気→病院→薬 絶対この流れじゃなきゃいけない?

日本では、病気になったら病院に行き、
医師に西洋医学に基づいた治療と薬で治してもらうのが一般的。

もちろん、それも選択肢の一つだと思うのですが、
それ以外の選択肢があることを知らずに、
治療というベルトコンベアに乗せられてしまう人が大部分で、
それが当たり前という空気が巷に蔓延している
ことに、
すごく疑問を感じます。

男性が肩を揉んでもらっている写真

西洋医学と代替医療の“良いとこ取り”でいいんじゃない?

西洋医学VS代替治療という図式が出来上がってしまっていることも、
とても残念だと思っています。
急性で局所的、スピーディーな治療が得意な西洋医学と、
慢性で全身的、緩やかな治療が得意な代替医療
それぞれの医療の得意なところをうまく掛け合わせて
いいとこ取りする治療

それこそが患者のための医療と言えるのではないかなと思います。

両天秤の写真

自分の病気とまず向き合って、自分で治療を選ぶことが大事

病気の原因というのは、人それぞれで、
その人に合った治療というのも、人それぞれ。
だから、患者自身が自分の病気、体、生き方に向き合って
治療を選んでいく必要があり、
医師や病院、薬はあくまでサポートとして利用する。

何にも遠慮することなくそういう選択ができる世の中になってくれることが私の願いです。

 

お問い合わせ

ヨガレッスンについて